Lulu's Travel Note

オーストラリア留学・旅行・仕事・海外生活について

【留学エージェント】海外と国内エージェントのメリット・デメリットを紹介!


f:id:Lulu-travel:20191202213840j:image

本記事では、エージェントを使うメリットやデメリット、エージェントの選び方や、国内・海外エージェントの違いについて紹介しています。これから留学やワーホリを計画している方は、是非ご覧ください。

 

留学エージェントについて

そもそも留学エージェントとは、現地の大学や学校の紹介をしてくれる業者です。エージェントは、紹介した学校や大学から貰うコミッションを主な利益として運営しています。

 

そして、コミッションとは別に、カウンセリング料、ホームステイのアレンジサービス、ビザ手続等のサポートなどで別途料金が掛かる場合があります。

 

サポートの量が少なければ、そのような手数料をチャージしないエージェントがあったり、サーポートが手厚い所であればその分手数料が掛かるのでエージェントによって様々です。

 

また、日本国内だけでなく、海外にも日本人が経営している留学エージェントがあります。

 

海外エージェントの魅力

現地エージェントの利点は、現地でサポートがあるのでとても心強いですし、現地情報にも詳しいので頼りになります

 

なので、気になる国がある場合は、まず現地エージェントをリサーチしてみるのがおすすめです。

 

しかし、学生ビザの場合は、日本で進学手続やビザ申請資料の手配を一緒にサポートしてくれる国内エージェントを使う方が、渡航前に安心して準備が出来るので良いと思います。

 

留学やワーホリ、どういったサポートをして欲しいかは人によって違うと思います。なので、これからご紹介するメリットとデメリットを参考にして、自分の目的に合ったエージェントを使うことをおすすめします!

 

留学エージェントのメリット

留学エージェントを使うメリットは主に、その方に合った的確なアドバイス、スムーズな手続き、経験者から話を聞ける3つの利点があると思います。

 

自分に合った学校を紹介してくれる

エージェントは、様々な方の留学・ワーホリのサポートをしてきているので、自分の要望を聞いて的確なアドバイスをしてくれます。

 

自分の要望に合った学校や大学を紹介していただけるので、どこの国にすればいいか学校費用などで悩んでいる場合は、一度相談してみると良いと思います!

 

手続きがスムーズ

大学の進学手続きは、英語で書かれた申請書に記載されている書類の準備や、英文エッセイ、リファレンスレター等の提出等が必要な大学もあるため準備に時間が掛かるのでとても大変です。

 

初めての海外留学の準備を自分で全て対応する場合、一つ一つ理解して準備していくのは大変です。

 

ビザ手続きはとても神経を使うので、資料が一つでもそろっていないとビザ申請が却下されてしまうこともあります。

 

そのような事態を防ぐためにも、エージェントを使うことをお勧めします。

 

留学エージェントを使えば、手続きで必要な書類も日本語でリストアップしてくれますし、ビザ申請等に関する問い合わせも日本語で出来るので安心して留学準備が出来ます。

 

現地でのトラブルが少ない

色々と不安の中、やっと留学先に着いたのにトラブルに見舞われてしまうのは避けたいですよね。

 

個人で留学手続きをした方の中では、大学へ入学申請する際に、空港への送迎等のオプションを付け忘れてしまったというエピソードを聞くことが多いです。

 

やはりそういった面でも、留学エージェントではしっかり手配をしていただけるので、現地に着いた後も安心して留学生活をスタートできます。

 

また、エージェントでは、現地の便利な情報等が色々と聞けるので、スムーズに新しい生活をスタートすることが出来ると思います!

 

OBや在学生から話を聞ける

エージェントでは、同じエージェントを使った方の留学体験談を聞くことが出来ます。

 

留学前に実際に現地に行かれている(もしくは、行かれていた)方の話を聞く事で、不安も解消されますし、モチベーションも上がると思います。

 

私自身も、オーストラリアへ留学を行っている方に直接会って、現地の生活や学校について話を聞けたので、留学前に色々と不安だったのが、その後は楽しみになりました。

 

留学エージェントのホームページに載っている留学体験談などもありますが、そこには載っていない貴重なアドバイスを聞ける機会でもあるので、活用することをおすすめします。

 

留学エージェントのデメリット

留学エージェントのデメリットには、費用が高くなってしまうこと、紹介される学校・大学に偏りがある、留学後のサポートがないの3つがあると思います。

 

費用が高くなる

各種手続きのサポートやカウンセリング料金は、エージェントごとに料金が異なりますが、やはり留学はそれなりに費用がかかりますよね。

 

少しでもコストを抑えたい場合は、手数料なしの現地(海外に拠点を置いている)エージェントがオススメです。

 

現地で運営しているエージェントは、国内と比較すると余分なサービス料は抑えられているところが多いです。

 

出発前に直接会話できないので不安があるかもしれませんが、現地でサポートしてくれますし、新しい環境で頼りになる場所があるのはとても心強いと思います。

 

まずは、ネットで気になっている国にあるエージェントを探してみて、費用など比較してみると良いと思います。

 

紹介される大学や学校がエージェントによって偏りがある

エージェントによっては限られた国や地域の大学や語学学校しか紹介していない場合があります。

 

その為、どこのエージェントに行くかでかなり偏ってしまいます。

 

エージェントを使う前に、少なくとも留学したい国や地域、そして興味のある大学や学校を一度自分で下調べをしてから相談することおすすめします。

 

また、大学によっては、人気の高い専攻分野や大学が推している専攻分野などがありますので、自分が興味のある学部などをホームページで是非チェックしてみてください!

 

留学後のサポートがない

日本国内のみのエージェントだと、渡航後のサポートがないところが多いです。

 

私は、日本国内のエージェントを使いましたが、留学後にホームステイや学校で困ったことがあっても誰に連絡すれば良いのかわからないという経験がありました。

 

エージェントを使う際は、留学後のサポートがあるのかないのかを聞いてエージェントを選ぶと良いと思います。

 

しかし、学校に通い始めれば、困った事があれば学校で相談出来ますし、留学して数か月も経てば現地にも慣れてくるので、そこまでエージェントのサポートは必要ないかと思います。

 

目的別に合った選び方について

初めて学生ビザを使う場合や英語に自信がない場合は、国内エージェントだと出発前から直接相談も出来るので安心して準備出来ます。

 

現地エージェントは、ワーキングホリデービザで語学学校を探している場合や、コストを抑えたい場合は、現地の手数料なしのエージェントを探して費用を比較してみることをオススメします。

 

なので、自分の興味のある国や地域を決めて、現地にある語学学校や大学をリサーチしておくと、エージェントで勧められたところに行って後で後悔したという事も避けられます。また、大学や学校選びで悩んでいる場合は、別記事の大学や学校選び方の記事を参考にして下さい!

 

まとめ

個人で手続きを進めると、次々と疑問が出てくると思います。

 

私は初めて留学やワーホリをされる方は、エージェントを使う事をオススメします!

 

手続きもスムーズに進みますし、特に英語に自信のない段階は、ビザや学校手続きの問題が生じるリスクも避けられます。

 

ただ、エージェントによっては手数料があったり無かったり、サーポトやサービスの種類によって料金が様々です。

 

エージェントを使うと費用がかかるのでわ?と悩んでいれば、まずは相談だけしてみましょう!

 

今回紹介したメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 自分に合った学校を紹介してくれる
  • 手続きがスムーズ
  • 現地でのトラブルが少ない
  • OBや在学生から話を聞ける

 

デメリット

  • 費用が高くなる
  • 紹介される学校がエージェントによって偏りがある
  • 留学後のサポートがない

 

各メリット・デメリットを記載しましたが、両方を知ることで自分に合ったエージェントを見つけることが大事だと思います。